講演・取材・執筆のご依頼について

人生の添乗員®牧野寿和のプロフィールは、

PDFからご覧いただけます。

ダウンロード
牧野寿和プロフィール2021年11月.pdf
PDFファイル 889.1 KB

講演・企業セミナー講師

人生の添乗員®が、企業様や各種団体様からのご要望に応じたテーマや形式で、貴社の社内規定に即すように具体的な内容で、少人数から数百人規模のセミナー講師をお引き受けしております。

貴社ご指定の会場やリモートでの開催が可能です。

ご依頼の多い講演のテーマ

・退職金制度と老後の生活設計の方法

・退職金の活用事例

・iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)のしくみと使い方

・NISA(ニーサ・小額非課税制度)のしくみと使い方

・「マイナンバーカード」ってなに?

・資産を形成していく時に覚えておくこと

・暗号通貨(仮想通貨)の運用法

そのほかにも、時の話題を取り入れてお話しております。


  •  定期的に、貴社に訪問、またはリモートで従業員様の個別相談をお受けいたします
  • 従業員の方に向けた、「資産形成」「ライフプランの作成方法」「退職後の人生設計」「賢い保険の入り方」などのテーマで、セミナーの開催を承ります
  • セミナー終了後に、復習と疑問点を解消に効果のある、個別相談をお受けいたします 

従業員の方への具体的な効果(利用された企業様の感想)

  • 従業員の悩みをお金の専門家に解決してもらえ、業務に打ち込んでもらえるようになった
  • 弊社の社則や規定を熟知してもらっての相談となり、従業員の将来に向けた、ライフプランニングや保険見直しそれに資産運用の相談など、早期に解決に向けて対応してもらえる
  • 従業員の退職の生活設計を、実情に応じたプランニングができ、早期から退職後の準備をすることが可能になり、将来の不安が減る
  • セミナー受講後、漠然とした悩みがなくなる
  • 巷(ちまた)に氾濫する情報に惑わされなくなります
  • お金の使い方がわかる
  • お金の知識を得ることで、お金の使い方の選択の幅が生まれた
  • 買っていいものか、買わなくてもいいのなのか、買う前に判断できるようになった
  • 衝動買いをしなくなった
  • お金の使い方を従業員家族で共有できるようになった
  • お金の教養を得るため専門の本を買うなどの出費が減った
  • 家計のお金の流れが変わった
  • 世の中の景気や経済が自分でもわかるようになり、SNSなどに惑わされなくなった
  • 資産の分配の仕方がわかった
  • 相続の分割が容易になり、争族の心配もなくなった など

人生の添乗員®牧野寿和の    

プロフィールは、

右のPDFをダウンロードして

ご覧いただけます。

ダウンロード
牧野寿和プロフィール2021年11月.pdf
PDFファイル 889.1 KB

 

<参考>次のような内容のセミナーや研修を実施してを開催しております。

 

1. ライフプランセミナー(ご希望で、テーマに応じワークをいれて、90分から120分で組み立てます)

人生のロードマップ「人生の行程表®」作成することで、ご自身の将来を見通せるようになります。

国の社会保障制度や介護制度が理解でき、よくわからない不安から解消されます。

家計の固定費(電気ガス水道電話代など)と生命保険や住宅ローンなどを見直すことにより、参加された皆さまの生活に潤いが生まれます。

 

2. マネープラン研修(テーマに応じ半日から1日の研修となります)

 ズバリ!お金の貯め方のお話しをいたします。

退職後、老後を見据えたお金との付きあい方をお伝えいたします。

 現役中にどのくらいお金は貯めたらよいのか、シミュレーションの仕方と実際にご自身の場合は、いくら位貯まるか検証します。   

  

3.退職10年前から準備すること 

リタイヤをするのは、まだ何年後だとは思いながら、老後の生活を考えると漠然とした不安がある。「現役」の今のうちに何かをしなければならないが、何から手を付けたらいいのかわからない。

よく相談をもらうこのような疑問に、FP業務での実例をまじえて、漠然とした不安や思い込みを取り除きます。そして、老後の生活を迎える段になった時「しまった」とならないよう、今からやっておくべきことをお話しいたします。

 

4.わかっているようで今一つ?「人生の行程表®」の作り方 

「あなたの夢はなんですか」

「退職後はなにをしますか」

私が、ライフプランニングをする時、相談者に質問をする事項です。

自身の時間が自由に作れる時期が、間もなく訪れる中高齢の人ほど、即答をしてもらえないことが多いです。その原因のひとつに、夢を実行するために、まず現実的に「お金」のことを考えてしまうからのようです。そこで、誰でも描ける、自身の夢を実現するための「人生の行程表®」の作成方法をお話しいたします。 

 

5.お金はすぐにはたまりません。ならばどうすればいいの?

 ~40代からの老後用生活資金の貯え方~ 

私のFP業務経験から、40代以降の相談者が、節約目的で生活費を切り詰めると宣言して実行し始めても、残念ながらもとの支出に戻ることが多いです。余程のことがない限り、慣れ親しんだ生活習慣を変えることは難しいです。

ましてや老後の生活用資金を蓄えることは、長期に渡りお金を積み上げることになり、納得をしてはじめないと長続きしない可能性があります。そこで、中高年向けにいくつかの資産形成の方法をお話しいたします。

 

6.高齢者の親族と生活をする心得 

ここ数年、相談が増えてきた案件です。自身の親や高齢の親族と生活をする時、その方々の介護が必要となる場合もあります。介護保険の受給があっても、経済的に家計を圧迫することもあります。また、認知症等で後見人が必要となる場合もあります。

それに、相続税の納付を必要としないまでも、遺産の分割がある場合に起きる問題点等々。これら、すでに起こっている我が身に降りかかるかもしれない「高齢化社会」への対応方法を考えます。 

 

 その他に、

7. 明るい老後を送るために~現役のうちに考えておくこと~

8. どんな時代にでもOK納得ライフプランニング ~自分で創る自分の生涯~

9. 人生の添乗員®が伝える、定年後に備え今すべきこと~ 定年退職後の「人生の行程表®」を作成 する前におさえておくポイント~

10. 45歳から考える退職後の人生旅プラン, 人生の添乗員®が、第2の「人生の行程表®」の作り方を語ります

11. 人生の添乗員Ⓡと「人生の行程表®」を創ろう

 ~リタイアするまでにやっておくべき3つのこと~

12. セカンドライフを「人生の行程表®」通りに実現しよう

 ~ご自身の年金の内容を確認しながら~

13. 20代から描く「人生の行程表®」

 ~今から知っておこう、納得のいく人生を送る方法~

14. <女性限定> 女性だから創れる「人生の行程表®」

 ~これからの資産運用と形成~

15. 人生の添乗員®と将来介護が必要となった時の家計を考える

16. 知らなきゃ損!遺産相続適齢期の法則

 ~相続は親の責任~ など 

 

<主な講演実績(敬称略・順不同)>

 

・ 名古屋市消費生活センター 「あなたの家計をチェックしよう」 

・ 愛知県小牧市 金融知識普及・生活設計推進講座 

・ 春日井市生涯学習スポーツ課 ふれあい教育セミナー PTA小学生の保護者 

・ 基金訓練FPコース

・ (公財)あいち男女共同参画財団 男女共同参画セミナー

・ 京都銀行従業員組合

・ 広島銀行従業員組合

・ 南都銀行従業員組合

・(公財)生涯学習かめおか財団 

・十六銀行従業員組合 

・日本FP協会 継続教育研修講師

・ 旭化成株式会社 労働組合

・ 中外製薬株式会社 労働組合 

・キャノンシステムユニオン

・ 積水ハウス株式会社 お客様セミナー

名古屋市子ども青少年局子ども未来企画部

 ・公私立の高等学校

 ・ その他 企業や各種団体

相続事業承継、人生設計ライフプランの作り方、住宅購入、教育資金、保険見直しなどテーマを定めた、

弊社主催のセミナーも開催しております。 

 

執 筆

<出版>

「空き家」に困ったら最初に読む本

 (監修)河出書房新社刊

銀行も不動産屋も絶対教えてくれない!    頭金ゼロでムリなく家を買う方法

(共著)河出書房新社刊


【たまひよ】3~5歳のママ向けに、ふるさと納税について仕組みやおすすめの返礼品を紹介する記事の執筆

【住まいのお役立ち情報】銀行の住宅ローン、普通預金、定期預金を比較する記事執筆

【住まいのお役立ち情報】団体信用生命保険に関する記事執筆

【マネカツ】将来の年金受給額に関しての記事監修

【アントレnetマガジン】「30代・40代の女性におすすめな手に職がつく資格(仕事)」の記事執筆

【マイナビ】「フリーターがカードローンを利用する際の注意点が知りたい!」の監修

その他、MSNマネーコラム、MSNマネーコラム、アルヒ社コラム など、多数の記事執筆や監修

講演・取材・執筆のご依頼

講演・取材・執筆のご依頼は以下のフォームから承ります。

お受けしましたお問い合わせにつきましては、2,3日でご回答申し上げます。

人生の添乗員® 無料情報ライブラリーについて

人生の添乗員®FP牧野のこれまでのFP業務と、人生の蓄積ともいえる知識が、400本以上のメルマガ(週刊メルマガ)それに800本以上のブログ(人生の添乗員®ブログ)、500本以上の動画(500選映像ライブラリー)で、発信しています。是非、ご覧ください。